肌ナチュール炭酸美容液クレンジングの副作用で湿疹が出るって本当?

肌ナチュール炭酸美容液クレンジングの副作用で湿疹が出るって本当なのでしょうか?調べてみました!
MENU

肌ナチュール炭酸美容液クレンジングの副作用で湿疹が出るって本当?

お肌にやさしい成分で構成されていると評判の、肌ナチュール炭酸美容液クレンジング。でも、使用した人の口コミを見てみると湿疹が出たという人もいますね。湿疹は副作用なのか、それともほかの理由があるのかを調べてみました。

 

 

湿疹ができる原因

湿疹ができる原因で多いのが、肌の乾燥です。
乾燥した肌は角質層の水分が少なく、ちょっとした刺激に敏感になってしまいます。肌が乾燥すると、カサカサして痒みを感じます。痒みを感じて掻いてしまうと、その部分の角質層がめくれたり炎症を起こしたりして、ブツブツと湿疹ができてしまうのです。

 

職場のエアコンが強い、空気が乾燥しているといった外的要因で乾燥することもあれば、加齢によって肌で作られるセラミドの量が減少することで乾燥することもあります。

 

 

肌ナチュールの副作用で湿疹になる?

口コミの中には、炭酸美容液クレンジングを使った後に湿疹ができたという人がいます。しかし、肌ナチュールの炭酸美容液クレンジングには、肌内部の乾燥を防ぐためのセラミドなどが配合されていますから、正しい使用方法を守ったうえで副作用で湿疹ができたとは考えにくいでしょう。

 

 

考えられる原因は2つ。クレンジングの時に肌をこすっている可能性と、洗いすぎによるものです。
いくら肌にやさしい処方の物であっても、肌をこすってしまうと角質層が乱れて乾燥を引き起こします。また、洗いすぎも要注意です。もともと乾燥気味の人は、炭酸美容液クレンジングを利用したパックはおすすめできません。パックをすると長い間洗顔料を肌にのせておくことになるので、必要な皮脂や油分も取り去ってしまう可能性があります。
健康な肌状態の人なら炭酸美容液クレンジングのパックはおすすめできますが、乾燥気味の時には洗顔時を短時間終わらせるのがおすすめです。もしも炭酸美容液クレンジングを使った後に湿疹ができてしまったら、いったん使用を中止して肌の回復を待ちましょう。

 

肌調子が回復してから、使用頻度を調整して様子を見るのがベターです。湿疹がある状態では使い続けないようにしましょう。

このページの先頭へ